強制労働

強制労働の.禁止

日本の憲法や労働基準法は強制労働を禁止しています。日本国憲法第18条の下では、「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰を除いては、その意に反する苦役に服させられない。」と定められています。労働基準法第5条には、使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって労働者の意思に反して労働を強制してはならない。」と定めています。また、第5条に違反する雇用者は1年以上10年未満の懲役、または20万円以上300万円未満の罰金が科されます。

出典:

日本国憲法(1947)§1 労働基準法(1947) §5&117

転職と退職の自由

日本国憲法第22条と第27条によって、全ての人が公共の福祉に反しない限り、職業を選択する自由を持っており、勤労は権利でありであると定められています。民法の下で労働者は、契約終了の2週間前までに通知をすることを前提に、無期限の雇用契約を終了することができます。通知期間は、勤務歴とは無関係です。

出典:日本国憲法(1947)§22&27 民法(1896)§627

非人道的な労働条件

日本国憲法第22条と第27条によって、全ての人が公共の福祉に反しない限り、職業を選択する自由を持っており、勤労は権利でありであると定められています。民法の下で労働者は、契約終了の2週間前までに通知をすることを前提に、無期限の雇用契約を終了することができます。通知期間は、勤務歴とは無関係です。

出典:日本国憲法(1947)§22&27 民法(1896)§627

強制労働の規制

  • 最低賃金法(1959) / Labour Standards Act, 1947
  • 日本国憲法(1947) / Constitution of Japan, 1946
  • 民法(1896) / Civil Code, 1896
Cite this page: © WageIndicator 2017 - Kyuryocheck.jp - 強制労働